胃カメラ検査で胃が荒れていると言われた場合

胃カメラ検査で胃が荒れていると言われた場合

胃カメラ検査で胃が荒れていると言われた場合

胃カメラ検査をしている間に胃が荒れていると言われる場合があります。胃カメラ検査中に胃が荒れていると言われた時にはどのような解釈をすればいいものなのか、胃カメラ検査で発見することが出来る胃が荒れる原因とはどのようなものなのか、ストレスがあることで胃は荒れることがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で胃が荒れていると言われた場合考えられることとは

胃カメラ検査で胃が荒れているというのは、胃の粘膜に炎症がみられることとなりますが、特に大きな病気はないけれど、軽い胃炎程度がみられるといった解釈をすればよいものと考えられます。

 

もちろんかなり荒れていて生検に出さないと原因がわからないといった症状が見られる場合などもあります。

 

胃が荒れる原因はどのようなところにあるものなのか

胃が荒れる原因としてはまず食べ過ぎるということがあります。たくさん食べてしまうことで胃に負担がかかると胃が荒れます。胃炎から胃潰瘍になることもあるため、注意が必要です。また他には喫煙することで胃が荒れたりアルコールの飲みすぎ、コーヒーなどの飲みすぎなどが原因で胃が荒れることもあります。

 

ストレスで胃が荒れることなどはあるものなのか

よくストレスで胃潰瘍になったと言われるように、ストレスを抱えることで胃が荒れてしまう場合があります。

 

ストレス性胃炎と呼ばれ、そのままにしておくと大変なことになることもあるため、胃カメラなどで胃が荒れていると発見された時にはきちんと治療した方が良いです。ですが、ストレスがおさまらない限り胃炎の症状がおさまらない場合もあるため治療が難しい場合もあります。

 

胃カメラ検査をしている時に胃が荒れていると診断される場合があります。特に大きな病気があるわけではないけれど軽い胃炎の症状が出るくらいの荒れている場合もありますし、生検に出してみないとはっきりとした原因がわからないくらいの荒れているという場合もあります。ストレスで胃が荒れている場合には、ストレスを回避しないとよくならないケースもあります。

スポンサーリンク