胃カメラ検査で下剤が必要な場合はあるのか

胃カメラ検査で下剤が必要な場合はあるのか

胃カメラ検査で下剤が必要な場合はあるのか

胃カメラ検査をする時には検査前に薬を使用することがありますが、下剤は特に胃カメラ検査の内視鏡検査には必要ないとされています。胃カメラ検査で下剤が必要な場合というのはあるものなのか、胃透視検査のバリウムを飲む検査にはどうして下剤が必要なのか、胃カメラ検査を受けるほどの胃炎は急になった場合はどのように対応したらよいのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査の時に下剤が必要な場合はあるものなのか

胃カメラ検査をする前には前日21時以降飲食禁止になり、胃の中には何も入らない状態になるため特に下剤は必要ないとされています。同じような胃透視のバリウムを飲む検査の場合には、検査後に下剤が必要とされています。

 

胃カメラではなく胃透視検査では検査後に下剤が必要なのはどうしてなのか

胃の検査でバリウムを飲んだ場合には、検査後に体の外にバリウムを排出する必要が出てきます。

 

ですから、下剤を使用してバリウムをきちんと出すために下剤は必要なのです。下剤を飲むとお腹が痛くなることがありますが、下剤を飲んだお腹の痛さなのか、バリウムが体の中に残っているお腹の痛みなのかわからないこともあるでしょう。そのような時にはきちんと医師に相談した方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査が必要なほどの胃炎の対応について

胃炎は突然起こることがあります。胃カメラ検査をする前にまだ原因が分からない時などにどんな対応をしたら良いのかというと、横になれる場所があるのであれば横になって安静にすることが第一です。薬などを持っていたら一時的な鎮静のためにも使用してしばらく様子を見た方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査を行う時には基本的には下剤は使用することはないと思われます。前日21時くらいから絶食になるため、胃の中には何も残っていない状態になっているため特に必要はないからです。

スポンサーリンク