胃カメラ検査と咳

胃カメラ検査と咳

胃カメラ検査と咳

胃カメラ検査をする時に咳が出ると検査をきちんと実行できない場合があります。胃カメラ検査をする日に咳がとても出るような場合には検査は違う日にした方が良いのか、喘息のある人は胃カメラ検査をすることが出来るのか、胃カメラ検査をすることが決まっている近くに風邪をひいてしまった時に咳が出る場合にはどうしたら良いのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査をした時に咳をしてしまう事について

胃カメラ検査をする時に咳が出てしまうと、内視鏡を奥まで進めることができなくなる場合があります。出来るだけ咳が出ていない健康な時に胃カメラ検査はした方が良いです。咳であっても咳き込むほどなのかどうかなど程度がありますので、医師に相談してみると良いでしょう。

 

喘息のある日は胃カメラ検査をすることが可能なのかどうか

喘息があっても、もちろん胃カメラ検査をすることが出来ますが、きちんと事前に医師に伝えることが大切です。もちろん他にアレルギーなどないかどうかなどもきちんと伝えておくと良いでしょう。

 

胃カメラ検査をする近くに風邪をひいてしまったらどうしたら良いのか

胃カメラ検査をする予定になっている日近くに風邪をひいて咳などが出ている場合には、まず喉に炎症があるかどうかを医師に判断してもらうと良いでしょう。喉に腫れがあったり炎症がある場合には、胃カメラ検査をしても辛くなるだけですので、違う日にした方が無難です。

 

胃カメラ検査は気管支喘息などの疾患をもっていても検査することは出来ますが、検査前にきちんと医師に伝えることが大切です。また胃カメラ検査の近くで咳き込むくらいの咳が出ている時で炎症などがある場合には、検査日を変更した方が良い場合もあります。

スポンサーリンク