胃カメラ検査と感染症

胃カメラ検査と感染症

胃カメラ検査と感染症

胃カメラ検査を行う前感染症の検査をすることがあります。胃カメラ検査を行う前に感染症の検査をするというのはどうしてなのか、検査をするは全ての病院で行っているものなのか、具体的に胃カメラ前の感染症の検査とはどのような検査を行うものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査を行う前に感染症の検査をするのはどうしてなのか

胃カメラ検査を行うには内視鏡を使用しますが、その内視鏡は必ず洗浄しなければならないという決まりがあります。胃カメラ検査の前に感染症検査をするのは、感染症にかかっている人がいた時には感染していない人に比べてよりきちんと洗浄しなくてはいけないからです。そのような理由で感染症の検査をします。

 

胃カメラ検査の前の感染症の検査は全ての病院でしていることなのか

毎回きちんとすべての検査で洗浄を念入りにしているところであれば、特に感染症にかかっているのか、そうでないかは関係なく、きちんと念入りな洗浄が行われています。そのような場合には特に感染症の検査をする必要がないと考えられている場合もあります。

 

胃カメラ検査前の感染症の検査内容について

胃カメラをする前に感染症の血液検査をすることがありますが、具体的にはどのような検査をするのかというと、肝炎ウイルスと梅毒の検査がメインになります。検査途中で事故が起こらないようにするためにもきちんと事前に検査をしておくという考えのもと検査が行われます。

 

胃カメラ検査の前に感染症の血液検査を行うことがあります。主に肝炎の検査と梅毒の検査です。

 

病院によっては全ての患者さんの医療器具を念入りに消毒洗浄するというところなどもありそのような場合は検査をしないところもありますが、検査をして感染している患者さんには念入りに洗浄するようなところもあります。

スポンサーリンク