胃カメラ検査の観察項目

胃カメラ検査の観察項目

胃カメラ検査の観察項目

胃カメラ検査を行うにあたって観察項目しなければならないと決まりがあります。胃カメラ検査の観察項目とは具体的にどのような内容なのか、胃カメラ検査を行うにあたって、注意していかなければならない点とはどのような点なのか、胃カメラ検査後に注意しなければならない点とはどのようなところなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査の観察項目の内容の詳細について

胃カメラ検査を行うにあたって、観察していかなければいけない項目があります。検査の途中で嘔吐・下血・血を吐くなどの症状がないかどうか、血圧が低下していないかどうか、頻脈になっていないかどうか、腹痛を訴えたり発熱していないかどうか、せき込んだり、痰が絡まったりしていないかどうか、などが観察項目となります。

 

胃カメラ検査を行う時に注意しなければならない点とはどんな点なのか

胃カメラ検査を行う時には、苦痛を伴ったりするために、声をかけてあげたり、つらいところはないかどうか聞いたりしながら検査を行っていく必要があります。また、検査中によだれなどが出てしまったり、鼻水が出てしまったりするときにフォローしてあげるという点なども注意する点です。

 

胃カメラ検査終了後に注意しなければならないところとは

胃カメラ検査が終わった後には、鎮静剤を使用している人などはふらふらしたり、疲労を感じたりしている人も多いため、休憩できるところまできちんと誘導してあげるなどの配慮が必要となります。

 

また検査が終わった後に食べ物を食べたり飲んだり出来るようになる説明などもきちんと行う必要があります。

 

胃カメラ検査を行うにあたって、さまざまな観察項目があります。胃カメラ検査はとくに苦痛を感じることが多い検査とも言われているため、出来るだけつらい思いをしないように観察していく必要があるでしょう。

スポンサーリンク