胃カメラ検査は技師が行うのか

胃カメラ検査は技師が行うのか

胃カメラ検査は技師が行うのか

胃カメラ検査は技師が行っているのか医師が行っているのかどちらなのかわからないと疑問に思っている人もいると思います。胃カメラ検査は技師がしているものなのか医師がしているものなのか、内視鏡技師と呼ばれている人たちはどのような資格をもっているのか、消化器内視鏡技師とはどのような人でも資格をとることが出来るものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査は技師が行うのか医師が行うのか

胃カメラ検査は基本的には医療行為なので医師が行います。内視鏡センターなど内視鏡専門の病院などで内視鏡を扱える医師がいる監督指導のもとであれば内視鏡技師として胃カメラ検査を従事することが出来ます。

 

きちんと資格認定試験に合格している技師のみが内視鏡業務に従事出来ます。

 

胃カメラ検査を行う内視鏡技師の資格とはどんなものなのか

内視鏡技師とは、資格認定試験で日本消化器内視鏡学会が認定している試験を合格した人だけが仕事をすることが出来る資格です。医学の知識などはもちろん内視鏡の専門知識などや技術などももちろん兼ね備え、医師の指導のもとにきちんと指導を受けている資格となっています。

 

胃カメラ検査を行うことができる内視鏡技師とは誰でも取得することが出来るものなのか

内視鏡技師は看護師や臨床検査技師、診療放射線技師、薬剤師、臨床工学技師、衛生検査技師などの資格を持っている人であれば内視鏡技師の資格をとることが出来ます。他にも条件などがあり、消化器内視鏡の仕事に2年以上ついていなければならないことや、他にも条件がいろいろとあります。

 

胃カメラ検査をするにあたって、医師の監督指導のもとで内視鏡技師という資格をもっていれば内視鏡業務に従事することが出来ます。

スポンサーリンク